藤田屋について

ホーム > 藤田屋について > 藤田屋のこだわり

藤田屋のこだわり

安芸津産のタコ

瀬戸内海は塩分濃度が高いため、タコをゆでてもあまり小さくならないことが特徴です。

また、ゆでると赤黒くなるのも、安芸津のタコならではです。

藤田屋では、安芸津の漁師さんから直接仕入れを行っているため、天候不良などの時には、タコがいないこともあります。

また、10月付近はたこの産卵期のため漁に出ません。

この時期のタコを皮だこといい、皮ばっかりでおいしくないそうです。

※当店のタコは、タコ漁師の山田さんより仕入れております。

安芸津産のかき

安芸津産のかきは、通常のものと比べ小ぶりで味が濃いことが、特徴として挙げられます。

見た目は小さくても、味はおいしいかきです。

ぜひ一度ご賞味ください。

藤田屋のかきは、安芸津のマルムラ美野水産と島村水産のかきです。

※冬季限定

  • 安芸津の杜氏鍋

    杜氏鍋とは、酒粕をベースにした味噌仕立ての出汁に野菜や魚介類を入れた鍋です。

    安芸津の杜氏は『清酒は商品なので、使うのはもったいない。お酒を絞ったあとの酒粕を有効利用するのにもってこいの鍋だ!』と言われる方も多くいらっしゃいます。

    また、東広島市安芸津町は、軟水醸造の開発者『三浦仙三郎』のふるさとで、杜氏の故郷とも言われております。

    藤田屋では、安芸津産のかきも入り、酒粕は安芸津・関西一さんの大吟醸のみを使用しております。(冬季限定)

    >>特集動画はこちらから

  • 安芸津特産の白魚

    安芸津の素魚は『しらうお』でなく『しろうお』が正式名称です。

    意外なことに、上の写真の大きさで大人のサイズです。

    踊り食いや卵とじなど、素魚料理もとても美味なので、ぜひ一度お召し上がりください。

    時期や天候に大きく左右されますので、春先でも確認の電話をされてからお越しくださいませ。

    おすすめは踊り食いです。

    >>特集動画はこちらから

各ページのご紹介はこちら